㈲きよさと・・・自然発酵漬物製造

(有)きよさとの古澤です。野沢菜のルーツは、長野県野沢温泉村の健命寺が発祥の地で、寺伝によりますと、宝暦6年(1756年)、8代住職・晃天園瑞和尚が京都遊学の折、天王寺蕪(かぶら)の美味しさに驚いて種を持ち帰り、寺の畑で栽培したのが始まりとされています。気候風土の違いからか、蕪は小さく、葉柄が大きい蕪菜に成長したそうです。こうした野沢菜の種子は、長野県一帯と新潟県一帯に出荷され雪国の冬の味覚を作ってきました。当社の野沢菜も長野県飯山市や新潟県津南町などの農家と契約し、栽培された物を使用し、保存料を一切使っていないため,賞味期限が短い分、新鮮さには自信を持っています。

私達が作っています
私達が作っています